多汗症の手術方法


多汗症の手術は、汗をかく部位によっていくつかの方法があります。
手のひらや足の裏の多汗症手術には、交感神経を切除する手術が一般的です。発汗を促す交感神経を取り除くことで、取り除いた部位には汗をかかなくなりますが、一度切除した交感神経は戻せませんので、慎重に手術を受ける必要があります。腰部交感神経という腰椎の交感神経を切除する方法や、ブロック注射で足の裏の汗をかく指令をストップさせるという方法も、足の多汗症手術としてはあるようです。
超音波を使用した手術が行われるのが、脇の下の多汗症対策です。汗腺類という発汗の原因となるものを取り除くという方法で、多汗症だけでに限らずわきが対策にもなるといいます。超音波手術は、最近特に注目されている多汗症の手術方法です。
比較的手軽にできる多汗症の手術に、ボトックスの注射があります。発汗を促進するアセチルコリンという伝達物質を抑制し、汗をかかないようにします。
多汗症のボトックス注射は、比較的安く受けられる手術で、短時間で済みますが、効果には永続性がありません。
多汗症の症状は、手術を受ければ良くなるかもしれませんが、認識しておいたほうが良いのはリスクがあるということです。
興味のある人は、多汗症の治療には内服薬や食事療法など手術以外の方法もあるということなので、是非専門の医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか。





汗の量だけじゃなくて臭いも気になるよね





Ads by Sitemix